老け顔を解消する方法!見た目年齢-10歳をめざす | リファカラットほうれい線効果

老け顔を解消する方法!見た目年齢-10歳をめざす

見た目年齢-10歳に見える人が羨ましい。老け顔って解消できるの?

見た目年齢が若く見える美魔女が増えている昨今、なのに自分は実年齢をいうといつも実年齢より年上に見え、やっぱり老け顔なんだと痛感する。

老け顔だと、雑誌に載っているようなおしゃれな洋服や髪型をしても、なんか若づくりしてるように見えて、返って痛い感じがする。

もう、老け顔なんてイヤだ!見た目年齢-10歳じゃなくていい、せめて年相応に見られたい。

と、老け顔に悩んでいる方いらっしゃると思います。年齢が若いのに、いつも10歳も20歳も上に見られるとショックですよね。

実際には加齢によって現れてくる老化現象が、若くても顔に現れてくると老け顔に見えてしまいます

老け顔を解消したい。。。

そこで今回は、老け顔に見える原因とその解消方法をご紹介します。

この記事がお役にたてれば幸いです。

老け顔に見える原因はこれだった!

加齢によって老けて見えるのは当然だけど、実年齢以上に老けて見られるのはちょっと…

一体老け顔に見えてしまう原因は何なんでしょう?

refa-carat

・ フェイスラインの崩れ

・ 顔のたるみ

・ 顔のシワ

・ 顔のシミ

・ 顔のくすみ

・ 目の下のくま

これらの老化現象は、通常加齢とともに起こってきますが、20代30代の若い世代でも、お肌の状態が良くなかったり、生活習慣や間違ったスキンケア方法などで、老化現象を促進し早めに引き起こしてしまうのです。

目の下のくま、ありますか?

実は、目の下のくまは、老け顔に見せてしまう大きな要因の1つなんです。

少し詳しく原因を見ていきましょう。

フェイスラインの崩れ

齢加齢によって皮膚が痩せると、こめかみがくぼんだり、頬がこけたりします。そうすることで、顔の骨格が目立ってきて、フェイスラインが崩れてきます。

顔のたるみ

表情筋や皮膚の衰えによって、皮膚とともに脂肪が下に下がってきます。これがたるみです。このたるみによって、毛穴の開きや二重あご、そしてほうれい線までも引き起こしてしまうのです。

顔のシワ

加齢によって、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少すると、顔にできる表情ジワが消えなくなってしまいます。

そして、それが、定着していくとくっきりと深いシワとなっていきます。

顔のシミ

紫外線に浴び続けると、皮膚内部でメラニン色素が作られます。その後お肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)によって、肌表面に押し上げられ、古い角質と一緒にはがれ落ちます。

しかし、加齢とともにターンオーバーのサイクルが遅くなっていくので、メラニン色素がしっかり排出されずに蓄積されていくことで、シミになります。

顔のくすみ

加齢によってお肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まって角質が厚くなると、お肌の色が灰色っぽくくすんでみてしまうのです。

目の下のくま

老け顔に見える大きな要因の1つに目の下のくま

目の下の皮膚は、とてもデリケートなので、若くてもシミやシワ、たるみが起きやすく、くまになりやすい場所です。

まぶたの皮膚は非常に薄く、皮脂線も少ないので乾燥しやすい場所で、こすったりして刺激を与えることで色素沈着を起こしやすいです。

目の下にくまができると疲れて見えるので、さらに老けて見えたりします。

このように目の下のクマは見た目年齢をぐっと上げてしまう原因になります。

目の下のくまといっても、実は、原因によって3種類に分けることができます。

refa-carat

・ 黒くま

・ 茶くま

・ 青くま

黒くまの原因

黒くまの原因には2つあります。

  1. 生まれつき目の下に脂肪た少ない、また加齢によって目の周りの脂肪が委縮したり、皮膚のたるみの影響で皮膚の凹みが目立つために影ができるために起こる場合。
  2. 加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉が緩み、眼窩脂肪(がんかしぼう)が突出する(いわゆる目袋になること)ことで、たるみが生じてその下に凹みができる場合。

この黒くまは、シミではないので、コンシーラーで隠すことが難しいです。

またメイクで隠す場合は、厚塗りになって返って目立ってしまうことがあります。

黒くま解消方法

黒くまは残念ながら毎日のスキンケアでの解消が難しいですが、むくみはくまが目立ちやすくなるので、塩分や冷たいものを控えたりして注意しましょう。

1のタイプの場合

美容整形で施術する方法があります。皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入し、凹みをなく施術があります。

2のタイプの場合

こちらも美容整形で施術する方法で、眼窩脂肪をとる脱施術という方法があります。

茶くまの原因

茶くまの原因は、主に色素沈着です。そのレベルが2つあります。

1.表皮にできたシミと同じレベルのもの。

紫外線によってうけたダメージや目のこすり過ぎによって色素沈着を起こしやすくなります。

また、乾燥やアトピー性皮膚炎によるかゆみや、化粧品のかぶれ、落とし切れていないマスカラが原因になっていることもあります。

見過ごちがちですが、まぶたの茶ぐまもくまに含みます。

解消方法

美白ケアが有効です。美白作用のあるビタミンC誘導体が配合されたコスメを日々のスキンケアに取り入れたり、皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうのも有効です。

皮膚科ではシミの処方には、ハイドロキノンとトレチノインを併用して処方される場合があります。

トレチノインを使用する場合は、濃度を低くし注意しながら治療する必要があります。

2.真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方に沈着してもの。

これはアザになります。正式名称は、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれます。

20歳前後から、両頬、おでこ、小鼻、目の下などに現れる青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑で、メラニンが皮膚の奥に沈着している状態になります。

解消方法

レーザー治療が有効です。

青くまの原因

目の周りには毛細血管が通っています。その血管が滞り、目の周りの薄い皮膚から血管が透けて見え、青っぽく見えるものが青くまと呼んでいます。

原因は、冷え、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、疲労、ストレス、目の疲れなどが考えられます。

最近では、パソコンの画面を凝視することで、血流が滞ることも原因の1つになっています。

解消方法

目の周りの血行が悪くなっているので、ホットタオルやホットアイマスク、マッサージで血流をよくすることが効果的です。

マッサージは、アイクリームをつけて薬指で優しく行うことがポイントです。

目の周りはデリケートなので、強くぐいぐい押したりしないようにしましょう。

毎日のスキンケアには、目の周りの血行をよくするビタミンKが配合されているアイクリームが有効です。

血行不良は、喫煙が原因となります。たばこを吸っている方は禁煙も心がけましょう。

顔の老化現象は、毎日のケアで改善や解消したり予防できることもあります。

お肌の状態を整えるため、まずは、睡眠をよくとって、紫外線対策、血行不良改善など生活習慣を見直してみましょう。

そして、老け顔を解消して、目指せ!見た目年齢-10歳!!

最後までお読みいただきありがとうございました。