30代のクリームや乳液でシワ対策!選び方ポイント | リファカラットほうれい線効果

30代のクリームや乳液でシワ対策!選び方ポイント

シワやシミが気になってくる初期老化ケアが必要な30代!

シワに効くクリームや乳液は、どんなものを選べばいいの?

顔がシワだらけ?!大丈夫!リファカラットで回復はこちら

まだまだ30代だからと言って、スキンケアを怠ってるとこれから先の顔はシワやシミ、たるみで恐ろしいことになっていきます。

30代までは、分泌される皮脂量は充分あるので、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合された美容液を使ったりして、お肌に必要な分量が補えていれば、油分を補う必要はありません。

油分を補うために乳液やクリームを使いますが、少量の油分はお肌をなめらかに柔らかくする働きがあります。

顔の中でも動きの激しい目元や口元などの乾燥によるちりめんジワには、ピンポントで油分を補給することは効果的です。

30代では、どんなクリームや乳液を使えばいいの?

ということで、今回は、シワ対策など30代で使いたい配合成分や顔の補う箇所などについてご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

乳液でおすすめは保湿成分がたっぷり配合されたもの

乳液は、クリームより軽いテクスチャーになるので、オイリー肌の方には使いやすいスキンアイテムですね。

乳液を選ぶ場合のポイントとして、セラミドなどの保湿成分が配合されているものがおすすめです。

お肌の乾燥がきになる方は、乳液や美容液で保湿をたっぷりすることでお肌の乾燥を改善に期待できます。

オイリー肌なので、ベタつきが気になりあえてクリームや乳液を使わない方の中には、お肌の乾燥が原因でべた付いているかもしれません。

それは、お肌の水分がすぐに蒸発してしまうため、逆のお肌が過剰に皮脂を分泌して水分をキープしようとするためです。

このような方は、保湿成分が配合された乳液や美容液を使ってみることをおすすめします。

油分を補いたい顔の部分にはクリームをつける

スキンケアの中で、乳液とクリーム両方を使ってる方も多いと思いますが、無理に両方使わなくてもよいんです。

乳液とクリームには、水分と油分のバランスの違いがあり、乳液は水分が多く、クリームは油分が多くなっています。

30代のお肌は、皮脂分泌がまだ衰えていないので必要以上に油分を与えないほうがよいです。

ただ、乾燥しやすい口元や目元には、ポイント使いとしてクリームをつけると、お肌をなめらかにする効果が期待できます。

初期シワやシミ対策にエイジングケア用クリーム

30代は、シミやシワ、たるみといった初期の老化対策としてのケアを始めたいところです。

クリームは、目元や口元などポイント使いとして有効ですが、エイジング用クリームは、油分の補給以外にも高い美容効果が期待できるので、スキンケアアイテムにプラスするのも効果的です。

30代は、コラーゲンを増やす作用のあるレチノールや、甘草エキスやプラセンタエキスなどの美白成分が配合されているクリームがおすすめです。

ただし、配合成分をしっかり確認し、自分のお肌の状態やお肌に必要な働きをしてくれる乳液やクリームを選び、使用量なども調整して使っていくようにしましょう。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。