ほうれい線たるみは美容液で保湿対策!するのが効果的 | リファカラットほうれい線効果

ほうれい線たるみは美容液で保湿対策!するのが効果的

ほうれい線が目立ってきた…かと思えば、フェイスラインもたるんでる…

美容液でいっそのことまとめて解消できる?!

たるみにリファカラットが効果?!使い方口コミはこちら!

アラフォーのお顔の悩みと言えば、ほうれい線!という方かなり多いと思います。

目立ってくるほうれい線はシワですが、乾燥小じわと違って、たるみが原因でできるシワって知ってました?

この代表的なシワが、ほうれい線なんです

だから、ほうれい線解消対策も大事ですが、同時にたるみを解消することも大事なんです。

そして、たるみは、加齢だけが原因で起こるわけではありません

実は、たるみが起こる原因は他にもあるんです。

たるみが起こる原因

目の下、まぶた、頬に起こるたるみは、皮膚の弾力不足によって起こります。

これは加齢による原因もありますが、それだけでなく外的要因である紫外線などによって活性酵素が余分に発生することで、コラーゲンが破壊されてしまうのです。

コラーゲンは、お肌の弾力を維持するには欠かせない成分ですので、紫外線からお肌を守ったりして、コラーゲンが破壊されないよう日焼け止め対策などが必要です。

また、外的要因の中での日常生活の習慣である姿勢の悪さによる下方向への引っ張りもたるみの原因の1つです。

これは、PCやスマーフトフォンのやり過ぎで、猫背になっているなどによります。

よって、加齢によってだけたるみが発生するのではなく、年齢とは関係なく生活習慣によってもたるみが起こるので、若い人でもほうれい線が目立ってくるのです。

ほうれい線は頭皮マッサージで改善できる?!解決方法はこちら

セラミド・アルジルリン配合の美容液が効果的

お肌を保湿することは、乾燥小じわなどのろうか予防に効果的なので、化粧品で保湿することが大切です。

美容液の役割は、美容液に含まれる成分を効果的に角質層に届けることです。

よって、美容液の成分と、その成分を角質層へしっかり届けるのにてきしたテクチャの美容液を選ぶことが必要です。

美容液に配合されたほうれい線たるみに効果的な成分は2つ。

refa-carat
  • セラミド
  • アルジルリン

セラミド配合美容液

化粧品の配合成分として、よく耳にするセラミド

セラミドの働きは、角質細胞間に存在する細胞間脂質の約40%~50%を占める重要な成分です。

セラミドにはいつくの種類があり、効果も違います。

ヒト型セラミド(バイオセラミド)は、人の角質層に存在するセラミドと同じ化学構造をもつセラミドです。

酵母を利用して作られたもので、保湿力が高いのが特徴です。

疑似セラミド(石油原料から化学合成したセラミド)や植物性セラミド(米ぬか油、小麦麦芽油から抽出したセラミド)もあります。

しかし、ヒト型セラミドよりも劣ると言われていますので注意してください。

アルジルリン配合美容液

アルジルリンというあまり聞きなれない成分ですが、この成分は顔の表情筋に働きかけ、筋肉の収縮を減少させる植物由来のアミノ酸です。

美容整形のシワ解消の施術であるボトックス注射と同様の薬理作用があり、ボトックス注射よりマイルドな作用でシワやたるみのケアに期待ができます。

アルジルリンが効果的なのは、目立つなと思う深いシワに使ってみると良いかもしれません。

シワはスキンケアが重要?効果的な対策はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。