ほうれい線対策の化粧水を選ぶ方法 | リファカラットほうれい線効果

ほうれい線対策の化粧水を選ぶ方法

ほうれい線が 目立ってきた!改善や予防には、どんな化粧水を使えばよいの?

笑うとしわで顔がくしゃっとなる?!改善方法はこちら

化粧をして長時間すぎてくると、口元が乾燥してくっきりとほうれい線が浮き上がってくる。

女性なら、これ気になりますよね。ファンデがほうれい線に入るし。

ほうれい線は年齢サインとしてできてしまうとケアが難しくなるしわの1つ。

だから、ほうれい線が改善でき予防できるようなスキンケアをする必要があります。

ほうれい線ができる原因やメカニズムを知り、それにあったスキンケアをすることでほうれい線をできにくくすることが可能です。

そこで今回は、ほうれい線の原因と化粧水の選び方についてご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

ほうれい線ができる原因は実はたるみ

ほうれい線、ほんと嫌ですよね。

ほうれい線があるだけで、実年齢よりも上に見えたり、老け顔に見えたりします。

それに、メイクをすると、ファンデがシワに入り込みくっきりをほうれい線のシワが返って目立ってしまうことも。

そんなほうれい線の多くは、年齢を重ねるとできやすいですが、原因は加齢だけではありません。

いくつかの原因が重なってできてしまうのですが、ほうれい線ができる最大の原因は、たるみなんです。

なぜ顔のたるみが起こるのか?

これは、加齢などによって、お肌にハリがなくなってしまうと、お肌は重力に引っ張られ下がってしまい、たるみになってしまうのです。

ほうれい線を作るたるみは加齢の他に2つの原因があります。

refa-carat

★猫背

★片側だけで噛むクセ

猫背

スマホやPCなどを長時間使うと姿勢が悪くなり、猫背になりやすいです。近年の現代人は、こういった生活環境にいるので、若いうちからほうれい線がくっきりと現れてしまいやすい傾向にあります。 姿勢の悪い猫背が続くことで、体がむくみやすくなったり、たるみが起こりやすくなってしまいます。

片側だけで噛むクセ

物を食べる時に、口の片側だけで噛むクセがあると、あまり使っていない反対側にたるみを起こしやすくなり、顔のバランスが崩れると側頭骨のゆがみが起きて、やがてほうれい線を作ってしまう原因になるのです。

ほうれい線を改善する化粧水の選び方

できてしまった深いほうれい線を化粧品のケアのみで消すことは、難しいですが、毎日するスキンケアで、ほうれい線ができるスピードを遅らせることは可能です。

ほうれい線対策のスキンケアは、保湿が一番重要です。しかし、保湿すればよいというものではありません。

まず第一に乾燥を防ぐことが大前提になります。

お肌の乾燥とは

お肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質が80%、天然保水成分が18%、皮脂が2%となっています。

乾燥による肌のダメージを防ぐためには、肌自身の天然保水力を高めることが大切になります。

保水力の足りないお肌は、洗いすぎやこすり過ぎが原因の場合が多いです。

お肌の保湿

クレンジングや洗顔をした後は、お肌の角質層の細胞間脂質や天然保湿成分が洗い流され、お肌の保水力が一時的に低下します。

お肌の保水力はやがて回復しますが、回復する前の段階では無防備な状態になってしまうので、お肌を守っておかなくはなりません。

この時に保湿する場合に、天然保湿成分の回復を遮らないものである必要があります。

天然保湿成分を補う

ほうれい線を予防するための保湿は、天然保湿成分を補うものを選ぶと効果的です。

様々な原因で失われていくお肌のハリを補うために、この天然保湿成分をお肌にプラスすることが必要です。

天然保湿成分の主要成分であるセラミドやアミノ酸などが配合されている化粧水を選ぶとよいです。

ほうれい線の根本的な原因となるたるみ対策は、マッサージなどのケアをプラスすることもおすすめです。

ただし、正しくマッサージを行わなければ、逆にほうれ線やシワを作る原因となったり、お肌のトラブルにつながったりするので、たるみやほうれい線対策のマッサージを行う際は注意しましょう。

⇒ たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする