ほうれい線を消す?!メイク方法の5つのポイント | リファカラットほうれい線効果

ほうれい線を消す?!メイク方法の5つのポイント

ほうれい線をメイクで消したいけど、どうしても厚塗りになる。

ほうれい線を上手く消すメイク方法ってある?

 

笑うとしわで顔がくしゃっとなる?!改善方法はこちら

ほうれい線が目立つのって、嫌ですよね。

ほうれい線を薄するには日頃の地道なスキンケアが大切です。

頬にシワがなくてもほうれい線があるだけで、見た目年齢をぐっと下げ、老け顔に見せてしまう。

出来ることなら、ほうれい線を少しでもメイクで消したいけど、隠そう隠そうとすると、ファンデが厚塗りになって、返ってほうれい線がくっきり出る!おまけにファンデがほうれい線に入り込でる!

とメイクで綺麗になるはずが、メイクでほうれい線が目立って悪循環になってしまうという方多のではないでしょうか。

そこで今回は、ほうれい線を上手くメイクで隠すメイクポイントについてご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

ほうれい線をメイクで消す注意点5つのポイント。

refa-carat

★スキンケア方法

★下地をつける方法

★コンシーラーを使う方法

★ファンデーションのメイク方法

★メイク直しの方法

スキンケア方法

メイク準備ですが、化粧水などのスキンケアをしっかりした上で、保湿力を高めることが大切です。

洗顔で汚れをしっかり落としてから、通常のスキンケア、化粧水⇒美容液⇒乳液などを使って、お肌にしっかり馴染ませます。

ほうれい線は、頬の肉がたるんで下がると、ほうれい線の上にのり影ができ、溝を深く見せたり、フェイスラインも凸凹とたるませてしまいます。

シワケアにプラスして、クリームを塗る時は、頬を持ち上げるようにして、頬を本来のお顔の一に戻すように意識てマッサージするのも効果的です。

下地をつける方法

毛穴カバーに使われるシリコン製の下地は、お肌の凸凹を滑らかにしてくれるので、シワを目立たなくする効果があります。

また、ファンデーションを塗った後、シワの中にファンデーションが溜まるのを防ぐ効果もあります。

シワを目立たなくするための下地の塗り方は、セミマットに仕上げるのがコツです。

ほうれい線対策に効果的なのは、紫外線をカットしてくれる化粧品を選ぶことです。

それは、紫外線は、ほうれい線だけでなく、ちりめんジワや乾燥肌にはよくないからです。

コンシーラーを使う方法

コンシーラーを使う時は、べた塗りはしてはいけません

それは、返ってほうれい線を目立たせることになるからです。

コンシーラーは少し明るめのカラーを選び、少量をお肌にのせ、薬指で軽くたたくようにお肌になじませます。

ほうれい線を消すには、丁寧に数回繰り返し塗ります。

最初は、光沢感のある黄色やオレンジ系の色をつけ、その後は明るめの肌色を使います。

固形のコンシーラーは、お肌よりも少し明るい色を選び、直塗りせずブラシを使うのがポイントです。

ブラシの先端にとり、ほうれい線をまたぐようにブラシを軽く動かし、薄くのばします。

また、口角の上下のアウトラインをなぞるようにして細かく動かします。

指で軽く馴染ませるのも色浮きすることなく口元のくすみをカバーできます。

ファンデーションのメイク方法

ほうれい線にファンデーションをつける時は、スポンジでトントンとたたきこむようにします。

ファンデーションが厚塗りすぎると溝の上に溜まってしまうので、厚塗りにしないことが鉄則です。

それでもまだほうれい線が目立つようなら、ハイライトをいれましょう。

たとえば、パール入りのハイライトを入れると、光の効果でほうれい線が気にならなくなります。

これは、影が見えなければ、溝が目立ちにくくなるというわけです。

メイク直しの方法

メイク直しは、ほうれい線にファンデーションがよれ込みを修正します。

メイクは長時間経過すると、だんだん崩れ、ファンデーションがよれてきます。

メイクを直すために、ファンデーションがよれた上に重ねてしまうと、ファンデーションが厚塗りになり、すぐまたメイク崩れが起きてしまいます。

よって、まずはティッシュでよれた部分のファンデーションを取り除いてから、再びファンデーションをスポンジでたたくように塗るのを心掛けましょう。

ティッシュでふりきとるときは、優しく。決して、擦らないように注意しましょう。

⇒ たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。