口元の小じわやシワの種類とスキンケア方法 | リファカラットほうれい線効果

口元の小じわやシワの種類とスキンケア方法

口元の小じわって老けて見えてガッカリ。ほうれい線など口元シワといっても種類があって、どんなスキンケアをすればいいの?

 

笑うとしわで顔がくしゃっとなる?!改善方法はこちら

顔にはシワができますが、口元の小じわやシワは、特に老けてみえるので、多くの女性の悩みですよね。

実は、口元の小じわやシワといっても、色々な種類のシワがあり、原因によって違うんです。

原因が違うとなれば、対処方法やスキンケア方法も違ってきます。

適切な方法でスキンケアをすれば、口元の小じわやシワは解消していきます。

そこで今回は、今悩みの種となっている口元の小じわやシワの種類を知って、正しいスキンケアの改善方法をご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

口元の小じわやシワの種類

なぜシワができるのか?と言えば、お肌の内側のハリや弾力を作りだすコラーゲンやエラスチンの減少が大きく関係しています。

笑った時などにできる表情ジワは、若い人でも出ることがありますが、お肌のハリや弾力があれば表情を戻したと同時にシワも消えていきます。

しかし、様々な原因によりお肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンが減少し、お肌の弾力が失われると、表情を戻してもシワが消えず、表情に関係なくシワが刻まれたりしていきます。

口元の小じわやシワの原因は、加齢だけでなく、他にも原因があります。

大きく5つの原因に分けられます。

口元の小じわやシワの5つの原因。

refa-carat

お肌の乾燥

表情の動き

筋肉の老化

筋肉の過剰な力

ダイエット

お肌の乾燥

口元の小じわやシワ、唇の縦じわは、乾燥が原因で起こります。

まず、お肌が乾燥するとカサカサになり、ちりめんジワが起こります。

このちりめんジワを放置しておくと、シワが集まってしまって、太いシワになってしまうことがあります。

お肌が乾燥してしまう原因は、紫外線によるお肌へのダメージや保湿不足です。

特に、紫外線は、皮膚の内部でお肌のハリを保つ働きのあるコラーゲンや水分をキープする働きのあるエラスチンを破壊してしてしまい、お肌が乾燥しやすい状態を作ってしまいます。

お肌の乾燥が気になるときは、お肌の内部でこんなことが起きているので、室内ならミストで保湿したり、外出時は紫外線対策をしっかりするようにしましょう。

表情の動き

口元を動かしたり、笑ったりするとほうれい線が目立ったり、口元にシワができることありますか?

そのようなシワは、表情ジワと呼ばれ、何度も同じ箇所にシワができ、いつのまにかお肌に形状記憶されたようにシワとして刻まれてしまうことが原因となります。

特に、女性の一番の悩み、ほうれい線。

ほうれい線は、口元のシワでも一番できやすく、しかも老けて見せるシワ。

このような深いシワになってしまうと、お肌の表皮層だけでなく、真皮層の深い部分や皮下組織にまで深く刻まれていることがあります。

ほうれい線が気になってきたら、スキンケアでしっかり保湿し、表情筋など鍛えるトレーニングなどを取り入れて改善に取り組みましょう。

筋肉の老化

普段から顔の表情が乏しく、あまり顔の筋肉を動かさない人は、筋肉老化からくるシワが起こっているかもしれません。

顔の筋肉を動かさないで無表情な生活を続けていると、筋肉が老化・退化してたるみやシワの元になってしまいます。

口角から顎にかけて伸びるシワマリオネットラインと呼ばれるシワは、筋肉老化によるシワになります。

頬の皮膚や皮脂を支える筋肉が退化することで目立ってきます。

筋肉の過剰な力

筋肉に必要以上の力が入ってできるシワがあります。

口を閉じた時に、顎の部分に梅干しの表面のようなシワが入る場合がありますが、これは、下顎の真ん中にあるオトガイ筋に必要以上に力が入ってることが原因で起こります。

オトガイ筋は、口を閉じる時に力が入る筋肉です。

そのため、同じく口を閉じるときに使われる口輪筋(口の周りの筋肉)が衰えている場合、口を閉じようとしてもオトガイ筋に必要以上の力が入りがちです。

また、歯並びが悪い人や表情クセによっても、オトガイ筋が必要以上に力が入ってる場合もあるので意識してみましょう。

ダイエット

急激なダイエットはシワを増やしますが、ダイエットとシワの関係は、活性酵素にあります。

極端な食事制限や特定の食品だけを食べ続けるダイエットを行っていると、栄養の偏りが起こってきます。

食事から摂る栄養の中には、活性酵素を除去する抗酸化作用のある栄養がありますが、無理なダイエットをすることで抗酸化成分を満足に摂取することができない場合があります。

活性酵素は細胞を酸化させるので、お肌や体の老化を引き起こします。

お肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンなどを作りだす細胞がダメージを受けることで、コラーゲンなどの生成が活発に行われなくなり、シワができる原因となると考えられます。

そのほか、栄養不足に陥りやすいダイエットは、お肌を作るのに欠かせないたんぱく質のなどの栄養が不足することでも、シワやたるみにつながります

 

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。