口元シワは引き締めトレーニングで改善! | リファカラットほうれい線効果

口元シワは引き締めトレーニングで改善!

口元のシワは放っておいたら深いシワになってしまいます。

シワケアは顔のトレーニングで改善できる!

 

笑うとしわで顔がくしゃっとなる?!改善方法はこちら

ストローで飲み物を飲むとき口をすぼめると、口の周りには放射状に小じわが出来てしまう…若いころはなかったのに…と気付いてしまうと気になって仕方がないですよね。

これを発見したら、この小じわが定着しないうちにしっかりケアすれば改善できるんです。

毎日のスキンケアに保湿を十分にすることと、顔のトレーニングを取り入れ顔全体を引き締めることで、口元のシワだけでなく、ほうれい線やたるみなども一緒に予防改善できます。

そこで、今回は、手軽にできる顔のトレーニング方法をご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

口元のシワ引き締めトレーニング方法

口元のシワや顔のシワやたるみ改善に効果があるのは、顔の筋肉を鍛えることです。

顔のには表情筋という筋肉があります。この筋肉は、皮膚の下にあり、目や口など顔を動かすときに使われます。

食べたりしゃべったりする口の周りにはたくさんの表情筋があり、特に表情筋を動かすことが多い口の周りには、口輪筋(こうりんきん)があります。

ここをトレーニングで鍛えることで、シワの予防や改善が期待できます。

口輪筋を鍛える2つのトレーニング方法。

refa-carat
  1. 口輪筋のトレーニング
  2. 口の周りを集中トレーニング
  3. 口元の筋肉老化ジワトレーニング

1.口輪筋のトレーニング

  1. 歯をみせるよに「い」を伸ばしながら声に出し、口の両端を引き上げ5秒間キープします。
  2. 次は「う」を声に出しながら、口をすぼめて5秒間キープします。

これをゆっくり、5~10回を目安に繰り返します。

2.口の周りを集中トレーニング

  1. 口に空気を入れて、頬を膨らませる。
  2. 中の空気を押し出すように唇の周りに集める。
  3. 唇まわりの皮膚をピーンと張った状態で10秒間キープします。

これをゆっくり、5回ほど繰り返します。

3.口元の筋肉老化じわトレーニング

  1. 口を大きく開いて「アカンベー」をするように舌をだし、20びょうキープします。
  2. ゆっくりと大きく口の筋肉を使って、「あ・い・う・え・お」と言って口を動かします。
  3. 上を向いてアゴを上げたまま、口角を上げてにっこりとほほ笑み、20秒キープします。

口元のシワが深いシワになる前に、しっかり保湿し、顔のトレーニングも取り入れいて予防改善しましょう。

しかし、顔の表情筋を鍛えようとトレーニングをやり過ぎると、逆に表情じわが悪化し深く定着させてしまうことになりかねませんので、くれぐれもやり過ぎには注意しましょう。

また、マッサージするときに、お肌を強く擦ると、皮膚を伸ばすことになり、たるみの原因なったり、摩擦によってシワだけでなく乾燥やシミを引き起こす可能性もあり、お肌によくありません。

毎日のスキンケアに意識して、口元シワ改善しましょう。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。