顔の眉間のしわは保湿とマッサージで改善できる! | リファカラットほうれい線効果

顔の眉間のしわは保湿とマッサージで改善できる!

顔だけじゃなく、眉間のしわもちゃんとケアしていますか?

ケアし忘れているといつのまにか眉間にもしわが縦に横にと増えてきますよ。

顔のおでこにもしわ?!解消方法はこちら!

顔のしわで目立つところと言えば、ほうれい線や目元のしわなどはしっかり保湿したりマッサージしたりと、熱心にケアしてるかと思います。

でも、眉間のしわは、わりと放置しがちで、いつものスキンケアの中で化粧水やクリームをぬる時もサッサと終わり、特別ケアしていないのでないでしょうか。

最近眉間のしわが気になり始めました。私は、仕事でPC作業をすることが多く、目も悪いのでつねにメガネをかけています。

が、これが原因もあって眉間に横しわができ始めています。

また、眉間のしわは頭皮のたるみからおでこのしわ、眉間のしわと順番に下がってくるようです。

顔をパッと見たときに眉間にシワがあると、老けて見えたり、しかめっ面に見えたりして、印象がよくありません。

眉間のしわ、なんとかしないと!気になり出してから、集中ケア始めました!

ほんの少しだけ、改善してきています。

そこで、今回は、顔の眉間のしわが出来る原因と改善方法をご紹介します。

眉間のしわを改善して、明るい雰囲気の表情になりましょう。

顔の眉間のしわができる3つの原因

顔の眉間のしわができると、印象が良くない上に老けて見えます。

インドの女性たちが眉間にスートンをつけていたり、仏像にも眉間に丸いものがあっりするのを見たことがあると思います。

顔の眉間という部分は、パワーを秘めた神聖な場所なんです。

また、日本の占いの1つである人相学の中でも、眉間のシワは悪相に当たり、「不幸を呼ぶ」とされ、顔にあるととても損なしわになります。

そんな顔の眉間のしわができる原因は、大きく分けて3つあります。

refa-carat

1.表情のクセ

2.乾燥

3.お肌の弾力の低下

1.表情のクセ

眉間のしわができる一番の要因と言われるのは、表情のクセです。

視力が悪く物を見る時に眉間にしわを寄せたり、パソコンやスマートフォンなどを見たりして目が疲れた時に、無意識のうちに眉間にしわが寄っていたりと、日常的に眉間にしわを寄せる動きをしています。

この無意識のうちにしてしまう眉間にしわが、だんだんと表情のクセとなって肌に刻まれていき、肌がもどならなくなって、くっきりとしたしわになっていきます。

2.乾燥

お肌の乾燥は大敵です。

お肌は、層状に組織が重なって出来ています。

そのお肌が乾燥してしわができるのが、主に表面の表皮層が乾燥することによってしわができます。

表皮層の水分が不足すると、細かいしわが浅く刻まれます

肌の乾燥の原因は、間違ったスキンケア方法やお肌にあっていない化粧品を使っていたり、食生活の偏りによる栄養バランスの乱れなど様々です。

3.お肌の弾力の衰え

老化現象で顕著に感じるお肌の弾力の衰え

お肌は、表面から表皮層、その奥に真皮層があります。

真皮層には、お肌の弾力やハリ、潤いを保つために必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった物質があります。

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの物質が破壊されると、お肌の弾力が衰え、深いシワができやすくなります。

このような状態で表情クセが続くと、眉間のしわが深く刻まれ、消えなくなってしまいます。

眉間のしわ改善方法

眉間のしわ予防や改善方法は、スキンケアでしっかり保湿することも大事ですが、マッサージや顔面エクササイズも効果的です。

特に皮膚が軟らかくなっているお風呂上がりは、とてもおすすめです。

1日に数回行うことを習慣にすると、徐々に眉間のしわは改善されていくことでしょう。

眉間周りのマッサージ

マッサージするときは、滑りをよくするためにジェルやクリームをつけ、お肌との摩擦を減らし、お肌に刺激を与えないよう優しく揉みほぐすことがポイントです。

また、顔のは表情筋や血液あリンパ液の流れがあるので、それらに沿ってマッサージするとも大切です。

  1. 眉間や眉の周辺を、しわとは逆の方向に(縦ジワなら横に伸ばすようにする)やさしく揉みほぐします。
  2. 眉の周りやおでこ、こめかみなども筋肉の緊張を緩ませるようにマッサージします。
  3. さらに、後頭部をやさしくマッサージし、コリをほぐします。

顔面エクササイズ

先ほどのマッサージと合わせて実行してほしい顔面エクササイズです。

  1. カッ!と目を思いっきり開きます。おでこにガッツリしわがよるくらいに大胆に目玉をカッと見開きます。
  2. 視線をぐっと上に向けます。おでこの皮膚を上に持ち上げる気持ちでぐっと上を向きます。
  3. 下を思いっきり下に出します。2の姿勢のままで行います。
  4. この状態をできるだけキープする。

この状態をキープするのは大変ですが、表情筋が鍛えられます。

簡単にできるマッサージなので、毎日欠かさずやってみましょう。

眉間のしわに効くスキンケア

眉間のしわ予防や改善方法は、マッサージやエクササイズも大切ですが、朝晩のケアで乾燥を防ぎ、保湿することです。

乾燥による浅いしわに効く美容成分

乾燥による眉間の小じわやコラーゲン不足によるハリや弾力の低下で起こるしわは、美容成分が配合されたクリームでケアするのが効果的です。

乾燥によるしわにも浅いしわと深いしわがあり、浅いしわに効果的な美容成分は、お肌の内側で潤いをキープしてくれるものがお勧めです。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などの有効成分が配合さらクリームが効果的です。

乾燥による深いしわに効く美容成分

くっきりと出来ていて、指で押し広げても消えない深いしわは、お肌の真皮しわと呼ばれ、老化や紫外線の影響でできてしまったしわです。

このようなしわには、お肌の真皮層まで浸透していく美容成分が配合されているクリームを使うことが必要です。

おすすめ成分としては、ビタミンC誘導体や成長因子(グロースファクター)、レチノールなどの成分です。

浅いしわに効果的と言われているコラーゲンやエラスチンは、分子として大きいのでお肌のおくにある真皮層まで浸透していかないのです。

顔の眉間のしわは、スキンケアやマッサージやエクササイズ、で予防や改善ができます。

また日常的な表情クセを治すことでも、改善できます。

しかめっ面をやめて、シワレスな美肌を目指しましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。