レチノールってしわ改善できる?!効果と副作用 | リファカラットほうれい線効果

レチノールってしわ改善できる?!効果と副作用

レチノール?最近よく耳にするし、しわ改善に効果で化粧品に入ってる。

でも、刺激性があるらしいけど、レチノールの副作用って大丈夫?

リファカラットならたるみに効果?!使い方はこちら

レチノールは、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどのビタミンA誘導体として化粧品成分に配合されています。

それは、レチノールは、高いエイジングケア効果が期待でるからです。

しかし、お肌に刺激がつよかったりなどの副作用もある成分です。

そこで、今回は、レチノールの特徴や効果、副作用についてご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

レチノールの効果

お肌への効果が期待できるレチノールですが、その効果は比較的緩やかなものなので、お肌への刺激はかなりすくないです。

レチノールには、4つの効果が期待できます。

refa-carat

  1. ターンオーバーの促進
  2. コラーゲンの生成を助ける
  3. 皮脂分泌を抑制する
  4. 紫外線のダメージを軽減する

ターンオーバーの促進

レチノールの働きは、ターンオーバーを促進し、角層内の細胞を表皮の上方へ押し上げるので、メラニン色素や老廃物を含む細胞を排出し、くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくします。

お肌のターンオーバーが促進されるということは、お肌の表が生まれ変わることなので、レチノールは、ピーリング効果も期待できることになります。

ただし、敏感肌やインナードライ肌などの方は、お肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが促進している可能性があるので、レチノール配合の化商品を使う場合は注意が必要です。

コラーゲンの生成を助ける

お肌の表皮層にあるコラーゲンやエラスチンによって、お肌はハリや弾力が維持できています。

レチノールは、お肌の表皮層にある線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやエレスチンの生成を助ける働きがあります。

その結果、お肌にハリやツヤを良くする効果が期待できます。

ただし、真皮まで到達している深いシワやほうれい線、たるみを改善する効果が期待できません。

皮脂分泌を抑制する

レチノールは、お肌の皮脂分泌を抑えることでお肌の調子を整え、ニキビを予防することができます。

また、毛穴のつまりや黒ずみ、いちご鼻などを予防に効果があります。

紫外線のダメージを軽減する

お肌の老化は、紫外線によるお肌へのダメージにより起こります。

レチノールは、この光老化を軽減したり、お肌の細胞にあるDNAを保護してくれる働きがあります。

実はレチノールは、そのままでは効果は発揮できません。

体内のお肌の表皮の基底層で酵素により代謝をうけると、レチナールに変わります。そして、レチナールはさらに最終的にレチノイン酸という成分に変化します。

このレチノイン酸が、お肌の角質の代謝を促し、お肌のターンオーバーを活性化させたりする効果があります。

よって、化粧品に配合されるレチノールが効果を発揮するには、レチノイン酸に変わる必要があるのです。

レチノールには2種類あります。

このレチノイン酸と同じメカニズムをもって改良された化粧品成分がパルチミン酸レチノールになります。

トレチノインも同じく改良されたビタミンA誘導体です。

ビタミンAの100倍の作用があると言われており化粧品への配合は禁止された医薬品扱いで、医師の処方の元、使用が許可されています。

レチノールの副作用

レチノールはお肌に良い効果もありますが、副作用もあるので、注意して使いましょう。

レチノールには、4つの副作用があります。

refa-carat

  1. お肌がカサカサする
  2. お肌が乾燥する
  3. お肌にかゆみを感じる
  4. お肌に赤みや刺激を感じる

このような副作用を伴うことがあります。 これらの反応をレチノイド反応と呼ばれます。

この副作用によるアレルギーは、使用量を減らしたり、使い続けることでお肌が慣れて、レチノイド反応がなくなることもあります。

レチノイド反応が出ても、さほど大きなダメージを感じない場合は、目安として1~2週間ほど、お肌の様子をみることも1つの方法です。

1~2週間でレチノイド反応がなくなれば、使い続けてもお肌にトラブルがなくなる場合が多いようです。

レチノイド反応は、お肌の強さとレチノールの種類、配合濃度、使う量などによって変わってくるので、レチノイド反応がひどいと感じる場合は、使用をやめ医師に相談しましょう。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。