レチノールはシワに効果!?ビタミンAとの関係は? | リファカラットほうれい線効果

レチノールはシワに効果!?ビタミンAとの関係は?

レチノール?最近よく耳にする注目成分で、ビミタンAの一種だそう。

シワに効果があるらしいけど、レチノールってそもそも何?

シワは顔の表情筋を鍛える!解消はこちら

レチノールは、高いエイジングケア効果が期待でる注目の成分で、レチノールクリームなど化粧品にも配合されています。

レチノールはビミタンAの一種になります。

となると、ビタミンAと同じ特徴をもっていることになります。

そこで、今回は、レチノールとビタミンAがどんな関係のかや効果などご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

レチノールはビタミンA誘導体の一つ

しわ改善対策のエイジングケアには、レチノールが配合された化粧品や医薬部外品が多数あります。

レチノールは、ビタミンAの一種です。

化粧品に配合される時の全成分表示としては、レチノール、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどと表記され、ビタミンA誘導体として知られています。

ビタミンAは、レチノール、レチナール、レチノイン酸およびこれらの3-デヒドロ体やその誘導体の総称で、ビタミンA関連の医薬品や化粧品すべてをレチノイドを呼ぶこともあります。

この誘導体とは、基本は同じ性質ですが、化学構造がすこし違うので、発揮される効果が違う成分のことをよんでいます。

また、レチノールは、人の血液のビミタンAの大半を占めることから、狭い意味ではレチノールと言えば、ビミタンAのことを指す場合もあります。

ビタミンAの肌への効果

ビタミンA(レチノール)は、脂溶性のビタミンで、レバー、あんこうの肝、うなぎの蒲焼など動物性食品に多く含まれています。

レチノール(ビタミンA1)、3-デヒドロレチノール(ビタミンA2)、それらの誘導体があり、酸、空気、熱、光に対して不安定な性質をしています。

植物性では、ニンジンやかぼちゃ、パセリなどの緑黄色野菜に含まれる色素のカルテノイドは体内でビタミンA(レチノール)に変換され、プロビタミンAとして分けられます。

カルテノイドの中でも、ビタミンA(レチノール)の効力ももつものは、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンなどの一部に限られ、中でもβ-カトテンは効率よくビタミンAへ変換されます。

プロビタミンAには、抗酸化作用があり、動物にも植物にもあります。

ビタミンAには3つの効果が期待できます。

refa-carat
  • 視覚、聴覚、生殖などを改善する機能維持効果
  • 皮膚、粘膜などを健康に保つ保護作用効果
  • 子供の発育などの成長促進効果

このようなビタミンAのもつお肌への効果に着目し、化粧品成分のレチノールが開発されました。

レチノールの特徴

レチノールは、ビミタンAアルコールとも呼ばれ、活性型のビミタンA誘導体の1つです。 主な特徴は6つ。

refa-carat
  • 黄色の結晶体で化学的に合成されたもの
  • 油溶性のため、水にはとけず、アルコールや油分に溶ける
  • 分子量が小さい    
  • 乾燥や高温に不安定な性質
  • 酸化しやすい
  • ビミタンE一緒んだと安定性が増す

レチノールはこのような特徴があるので、化粧品成分としてしようする場合は、誘導体にして安定化させ、お肌に浸透できるようにしているのです。

それが、化粧品の配合成分表には、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールと表示され、一般に市販される化粧品にも使えるように効果や副作用を減らしています。

レチノールは、一般化粧品に配合される場合の濃度は、0.1%程度までです。

よって、レチノールの効果は、レチノイン酸の1/20~1/100程度と効果はかなり減少します。

レチノイン酸?レチノールとどんな関係なの?

ここで出てきたレチノイン酸ですが、

レチノールが体内で皮膚の基底層に運ばれると、酵素によって変化し、レチナールに変わって、最終的にレチノイン酸に変化します。

ただ、レチノールからレチナールへの変化は、レチナールがレチノールに戻る場合もありますが、レチナールがレチノイン酸に変化した場合は、元に戻ることはありません。

さて、レチノールが最終的にレチノイン酸に変化すると、お肌への効果が現れてきます。

お肌のターンオーバーを活性化させ、それによってお肌の老化を遅らせる効果を発揮します。

またレチノイン酸は、お肌の真皮層にある線維芽細胞に働きかけ、コラゲーンやエラスチン線維の生成を促進させる効果や皮脂の分泌を抑制する効果もあります。

よって、

  • しわの改善
  • たるみの改善
  • シミの解消
  • ニキビ跡の解消
  • 目の下のクマ解消

に期待がもてます。

このトレチノイン酸は、皮膚に対して効果も副作用も強く、トレチノインという医薬品で、皮膚科や美容整形などで使われる処方薬となっています。

ただし、その効果は、小じわ、ニキビ、ニキビ跡、そばかす、毛穴の開き、くすみ、老人性色素斑、しみ、日焼け後のシミ、怪我や火傷や手術後の色の改善などがあります。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。