レチノール化粧品でエイジングケアする肌悩みと使い方 | リファカラットほうれい線効果

レチノール化粧品でエイジングケアする肌悩みと使い方

レチノール化粧品はエイジングケアに必要なアイテムだけど使い方がわらない。それに、レチノール配合だとどんな肌悩みに効果があるのかな?

リファカラットならたるみに効果?!使い方はこちら

 

レチノールは、様々な肌悩みのスキンケア、また高いエイジングケアにも効果が期待できます。

よって、レチノール化粧品は、シワ、ほうれい線、たるみ毛穴、毛穴の黒ずみ、くすみ、シミ、目の下のくま、ニキビなどお肌のターンオーバーの遅れやお肌の老化による肌悩みなどに効果が期待できます。

レチノール化粧品を使って、シワ、ほうれい線、たるみ毛穴、毛穴の黒ずみ、くすみ、シミなどを効果的に防止したり進行を遅らせるには、できるだけ目立たない時期から使い始めることが大切です。

レチノール化粧品は、医薬品のレチノイン酸で期待できるほどの効果は見込めないので、目立ってきてしまったお肌の悩み、エイジングサインを劇的に改善できる効果はありません。

レチノールは、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌などでお肌のバリア機能の正常化を目指す場合は、刺激が強いので注意が必要です。

このような症状の場合は、バリア機能を助けるセラミドなどの保湿成分の高い成分を配合した化粧品を使うと効果的です。

肌悩みが複数の場合は、両方の成分を同時に使うこともよい方法です。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

レチノール化粧品使い方

レチノール配合化粧品は、シワやほうれい線、シミ、たるみなどエイジングケアの1つとして予防に使うと効果的です。

レチノール配合化粧品の3つ使い方のポイント。

refa-carat
  1. 腕などでパッチテストする
  2. 日焼け止め対策をする
  3. お肌の状態によって使用法を変える

1.腕などでパッチテストする

レチノールは、トレチノインと比べると副作用は少ないですが、場合によってはお肌が荒れたり、赤くなってしまうリスクがあります。

そうなる前に、レチノール配合化粧品を使う場合は、腕などで使ってみて状態をチェックしましょう。

ただ、最初はピリッとしても慣れると使える場合があるので、肌質やお肌の状態を見ながら使うこともポイントです。

2.日焼け止め対策をする

レチノール配合のエイジングケア化粧品は、紫外線に対して不安定なため、レチノール配合の化粧品を使った時は、日焼け止めを塗って外出するようにしましょう。

もしくは、夜だけに使用したり、レチノール配合の化粧品を使った時は、外出しないなどの工夫が必要です。

また、夏場は、紫外線が強いので外出前にレチノール配合化粧品を使うことは避けた方がよいです。

3.お肌の状態によって使用法を変える

レチノールは、お肌への刺激が弱いといっても、お肌の状態が良くなれば、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

よって、お肌の状態が安定しない季節の変わり目、生理前、睡眠不足が続く日など、お肌の状態よくない場合やお肌が敏感になっている場合などは、レチノール配合化粧品の使用を控えたり、使用量を減らしたり、使用回数を減らすなど、お肌の調子をみながら工夫することが必要です。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。