しわの種類と原因を知ろう! | リファカラットほうれい線効果

しわの種類と原因を知ろう!

顔のしわといっても、加齢、紫外線、乾燥などいろいろな原因から起こり、出方も様々です。

 

笑うとしわで顔がくしゃっとなる?!改善方法はこちら

顔のしわ…目立ってきたら、保湿だけでは改善しないかも?!

しわの種類と原因をしっかり理解して、それぞれのしわに合った対処が必要です。

そこで今回は、主な3つの顔のしわについてご紹介します。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

3つの顔のしわの種類

そもそも顔にできるしわには大きく分けて3つのしわがあります。

お肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の層でできています。

よって、しわには、様々な原因によってでき、どこの層でできるかによって対処の方法も違ってきますので、しわの種類や原因をしっかり理解しましょう。

代表的な顔のしわの種類は3つ。

refa-carat
  1. 小じわ(ちりめんジワ)
  2. 表情じわ
  3. 真皮じわ

1.小じわ(ちりめんジワ)

小じわは、乾燥した肌に現れてくる浅くて細かいしわのことです。主に目元、目尻など目の周りに現れることが多いです。

また、小じわは、お肌の層のもっとも外側にある表皮の、さらに最も外側の角層にできます。

小じわは、乾燥じわとも呼ばれ、20歳を過ぎたころから、加齢とともにお肌の保湿力が低下して現れてきます。

表皮の角質細胞に含まれる「アミノ酸」や角質細胞をつなぐ「細胞間脂質」が減少することによって、保湿力が失われます。

2.表情じわ

表情じわとは、表情を作るときにできるしわで、表情を元に戻しても残ったままになるのが特徴です。

特に目尻や眉間、額や鼻根部などに現れます。

お肌はピンと張った状態ですが、紫外線などによってお肌が常に乾燥状態になると、お肌の形状記憶力が弱まってきます。つまり、お肌に十分な水分が保たれていれば、しわのない元の状態に戻ります。

しかし、お肌が乾燥し、コラーゲンやエラスチンが壊れて減少してしまっている状態の時、同じ表情を何度も繰り返すことで、作られたしわが元に戻らずにお肌が記憶してしまい、表情じわとなってしまうのです。

3.真皮じわ

真皮じわとは、一般的に言われれるしわのことです。

目で見てわかる、自覚しているしわは、ほとんどがコラーゲンに深く刻まれた真皮のしわです。

加齢や紫外線で皮膚の弾力性がなくなったり、皮下組織の増減や重力によって、表面の皮膚がたるむことで起こります。

たるみによるしわは、顔の皮下脂肪の垂れ下がってできる深いしわです。目の下、ほうれい線、首などに現れます。

これらの原因は、小じわ同様、乾燥と、紫外線によるコラーゲンとエラスチンの減少です。

また、加齢によって表情筋が衰え、皮下脂肪が増えた結果、重力によって垂れ下がり、しわができます。

加齢の他にも、長時間のデスクワークなど生活習慣にも原因があります。

パソコンやスマホをみていると、顎を前に突き出す猫背の姿勢になりがちで、この姿勢を続けると、首の方へ顔の筋肉が引っ張られ、たるみの元になります。

表情じわがさらに進行すると真皮じわに移行していきます。

深い真皮じわになる前に、乾燥小じわを防ぎしっかり保湿、たるみからくるしわは表情筋を鍛える、気になる表情じわの改善は、意識してしわがよらないようにするなど日常生活の中で気をつけて、しわのない美肌をキープしましょう。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。