頬のたるみほうれい線を消すにはトレーニングが効果的 | リファカラットほうれい線効果

頬のたるみほうれい線を消すにはトレーニングが効果的

老けた印象になる頬たるみほうれい線

スキンケアだけではもう間に合わない?!やっぱり顔筋トレーニングが必要。

リファカラットならたった10分でほうれい線が改善?!使い方はこちら

加齢やその他の原因ででてくる頬のたるみやほうれい線。

顔にほうれい線やたるみがあるだけで、老けた印象に見えてしまうと悩んでいる方も多いと思います。

シワと違ってスキンケアだけでは、なかなか期待する効果が見られないとかカバーできないのがたるみとほうれい線。

しかし、少しでも消して、改善したいと女性なら思いますよね。

そこで、今回は頬のたるみやほうれい線ができる原因と顔のどの筋肉をトレーニングすると効果的なのかについてご紹介します。

⇒ リファアクティブディジットで顔の加圧トレーニングができる?!はこちら

ほうれい線のたるみの原因は筋肉の衰え

老化現象の1つとされるほうれい線とたるみは、人の細胞の衰えと関係があります。

加齢とともにお肌の弾力を保っているヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンという成分を作り出す細胞が正常に働かなくなってきます。

すると、お肌は重力に逆らうことができなくなり、垂れ下がってしまうのです。

また、顔の皮膚のすぐ下にある筋肉も、自然に衰えて細くなってきます。

筋肉は皮膚全体を支える重要な土台を果たしているので、筋肉が弱まると皮膚は支えがなくなった状態になり、下へ下がってしまいます。

ほうれい線やたるみは、このような皮膚の筋肉のゆるみが原因で起こります。

スキンケアだけでは改善効果が見られないのは、筋肉の衰えを鍛えるトレーニングをしていないからとも言えるでしょう。

たるみを消すには筋肉をトレーニングする必要がある

顔の筋肉も体と同じで、鍛えたり使わなければ衰えていきます。

ですから、鍛えれば必ず筋肉は強くすることができます。

そして、筋肉は年齢に関係なくトレーニングした分だけ鍛えることが可能です。

ほうれい線やたるみなどの顔の老化を改善するためには、顔の筋肉を鍛えることが必要と言えます。

私たちの顔には22種類もの表情筋があるのをご存知でしょうか。

これらの筋肉は日常生活ではほとんど使われることがないため、意識して大きく収縮させていかなければなりません。

とても薄く繊細な筋肉なので、トレーニングの効果も現れやすいと言われています。

しかし、やみくもに顔を動かしても効果はありません。それは、筋肉にはそれぞれ役目があるからです。

しっかり効果を実感するには、顔の筋肉の特徴を理解し、特定の筋肉を着実にトレーニングしてくことが必要です。

ほうれい線消すには頬と口元の引き締めトレーニングが効果的

ほうれい線を解消するため特に鍛えたい筋肉は、口輪筋(こうりんき)と大頬骨筋(だいきょうこつきん)です。

唇を囲むように存在する口輪筋は、口元のたるみやほうれい線と関わりのある筋肉であり、顔全体の筋肉の7割とつながっているので、口輪筋を収縮する動きをすると効率的に表情筋を刺激することができます。

大頬骨筋は、唇の端から目尻にかけて伸びている筋肉です。

頬のたるみをしっかりと支えるためには、この大頬骨筋を鍛えると効果的です。

これらの筋肉を鍛える方法としては、顔の筋肉にアプローチするフェイシャルフィットネスや表情筋エクササイズなどがあります。

このような顔の筋肉トレーニングを行う際の重要なことは、必ず左右対称になるように行うことです。

効率的に顔の筋トレができるアイテムを使って、トレーニングしてもよいでしょう。

たるみはリファカラットで改善?!マイクロカレント効果はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。