ビタミン効果はお肌や美容に必要!13種類の栄養素は? | リファカラットほうれい線効果

ビタミン効果はお肌や美容に必要!13種類の栄養素は?

ビタミンは美容効果のあるので、お肌には必須の栄養分です。

13種類もあるビタミン、どんな効果があるか知っていますか?

美肌つくりに必須のビタミン。

ビタミンは、人が生きていく上で欠かすことのできない栄養素で、人の体内では作り出すことができないビタミンは多く、食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンと言っても、全部で13種類もあります。

そして、それぞれの働きや効果は違います。

ビタミンは、まず水溶性と脂溶性の2種類に分けることができます。

水溶性ビタミンとは、汗や尿などに排出されやすく、体の中に蓄積することができません。よって、必要量を毎日摂取する必要があります。

脂溶性ビタミンは、脂(油)と一緒に摂取すると吸収率が上がりますが、尿や汗に排出されにくいです。よって、摂り過ぎると過剰症になるので注意が必要です。

ほうれい線にリファカラットが効果?!効果的な使い方はこちら!

13種類のビタミンの種類と効果

●9つの水溶性ビミタン●

refa-carat
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

ビタミンB1

糖質を分解してエネルギーに変えます。

脳の中枢神経や末梢神経に働きかけて、ストレスをためにくくしてくれます。

ストレスは美肌作りには大敵です。

食品では、大豆、ごま、玄米などに多く含まれています。

ビタミンB2

粘膜を保護し、細胞の再生を助けるとともに、過酸化脂質を呼ばれる有害物質を分解してくれます。

そして、免疫力をアップする働きもあります。

食品では、レバー、うなぎ、納豆などに多く含まれます。

ビタミンB6

たんぱく質と脂質の代謝を促進し、肝臓に脂肪が蓄積するのをセーブしてくれます。

食品では、レバー、まぐろ、じゃがいもに多く含まれています。

ビタミンB12

葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を促し、貧血防止に役立ちます。

食品では、レバー、まぐろ、じゃがいもに多く含まれています。

ビタミンC

お肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを作るのに必要な栄養素です。

メラニンの生成を防ぎ、ストレスへの抵抗力をも高めてくれます。

食品では、いちご、キウイ、ゴーヤに多く含まれています。

⇒ ビタミンC誘導体はくしゃっとシワに効く?!改善方法はこちら

ナイアシン

糖質と脂質の代謝を促し、皮膚と粘膜を整えてくれます。

また、血行をよくし冷えを改善してくれます。

食品では、かつお、ぶり、豆類などに多く含まれています。

パントテン酸

糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進し、ストレスへの抵抗力や免疫力を高めてくれます。

食品では、納豆、さけ、たらこなどに多く含まれています。

葉酸

ビタミンB12と協力して赤血球の生成に働きかけ、貧血を予防してくれます。

食品では、レバー、うなぎ、緑黄色野菜などに多く含まれています。

ビオチン

糖質、脂質、たんぱく質の3代栄養素の代謝を促し、皮膚の健康を維持するのに役立ちます。

食品では、レバー、ピーナッツ、大豆などに含まれています。

●4つの脂溶性ビミタン●

refa-carat
  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

ビタミンA

皮膚や全身の粘膜を健康に保つ働きがあります。

動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれる体内でビタミンAに交換されるβカロテンの2種類があります。

食品では、うなぎやレバー、モロヘイヤ、ニンジンなどに多く含まれています。

ビタミンD

各種ホルモンと協力して、カルシウムの働きを調整します。

食品では、魚卵、さつま揚げ、うなぎなどに多く含まれます。

ビタミンE

血行を促進し、お肌の酸化(サビ)を正常化にしてくれます。

ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があります。

食品では、魚卵、はまち、あゆ、アーモンドに多く含まれています。

ビタミンK

直接的に骨形成を促進し、骨破壊を抑える作用があるので、骨粗しょう症の予防や動脈硬化予防になります。

また出血した時に止血させる働きがあります。

食品は、ホウレンソウ、ブロッコリー、わかめなどに多く含まれます。

美肌作りに欠かせないビタミンを食生活に積極的に取り入れてみましょう。

食べ物でたるみやほうれい線予防?!方法はこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。